北海道地場の味

歌舞伎町から幡ヶ谷へ 大昌園

※写真はクリックで拡大可

三茶から新宿歌舞伎町へ。

話題の立ち食い焼肉。

ひと切れから注文できるらしい十三式の

治郎丸丸へ。

が、しかし!
なんや、この行列!
30m。

すっご~いん。

あかん、せっかく〆でここまできたのに。

歌舞伎町に他の老舗十三式はなし。

スバイシーカレーもなし。

ようは大資本が占拠する町。

ラーメンもいらん。
今日は餃子もいらん。
十三式で飲みたいいラブ。

せっかくやし、幡ヶ谷へ。
幡ヶ谷は新宿から2駅。
GOちゃいますか。

はっきりいって、幡ヶ谷初台には古い焼肉屋が散在してるみたいですな。

70sに町ができてたからでしょう。

80sバブル期開発地域にはおまへん。

歌舞伎町から幡ヶ谷へ 大昌園

駅近の商店街奥に煙の館発見。

大昌園。

なんと、吉岡少年が初めて通うことになった、今はなき大阪西田辺の焼肉店と同じ店名。

期待が膨らみすぎ。

暖簾は家のカーテンみたいなレースの暖簾ながら、店の外装なかなかの貫禄。

入店。

なっ、明るくて綺麗な店。

店員さんハンサムな白人?
どーすんねん。

けど、ハンサム兄さん日本語ぺらぺらでメチャ愛想よろしいな。

情緒はコンロからでる煙だけかい。

しかもカウンター満席で小上がりテーブルに着席。

悲しい。

においつくから荷物袋につめてと。 これは久し振り!

で、においつくから荷物袋につめてと。
これは久し振り!

帽子と上着をほりこんでテーブル下へ。

ちょこちょこ垣間見る十三式。

注文のタレハツと塩上カルビ

注文のタレハツと塩上カルビ

注文のタレハツと塩上カルビ、カクテキはどれも美しいビジュアル。

しかも国際什器コンロビッカピカで、さらかいな?

タレも美しい見事に澄んだ醤油系で、味はしっかり。

各赤身1400円、各ホルモン800円とコスパもなかなかで、やー満喫しましたな。

ただクラッシックスな情緒ななし。

しかも、食後の一服もなんとこのモクモクで禁煙となっ!

会計後に外に置かれた灰皿で喫煙フィニッシュ。

入り口脇でマスターコンロの洗浄

おっ、入り口脇でマスターコンロの洗浄ですか。

立派な高圧洗浄機ですなぁ。

なるほどコンロピカピカな訳か。

「うちは大阪生野出身でね。
店古いからせめてコンロきれいでないとね。
むかしは、コンロ焼肉屋他にもあったけど2代目継がないからへってしまって。」

なるほど、クラッシックスをベースに試行錯誤されてるのですね。

2015/10/04 (日)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

北海道地場の味

コメントを残す

このページの先頭へ