なんば 焼肉 宝 我が十三式の名店23

※写真はクリックで拡大可

土日だけは昼から営業。
これは貴重。
十三式は基本的に飲み屋感覚やから、土日の昼からちょい飲み十三式いきたくなったら困ってしまう。

なんば 焼肉 宝 我が十三式の名店23

だから、

焼肉 宝。

なんんば高島屋を横断歩道渡ってまっすぐ。
NGKに曲がらんと次の四差路の角。
信濃そばの前。
メチャメチャ場所がええ。
めしや竜田家、
個室お好み焼きはつせ、
食堂しみず、
と同じならび。
少し向こうには、
人気の山芋お好み焼き福太郎。
3年前やから、まだまだ繁盛店やなかった頃、何度かお邪魔して久々の日曜日ランチですわ。

十三式としては、店は新しい。
居抜きか?
以前からコの字カウンターの飲食ってきいたけど。
前どんな店か覚えてないわ~。
スタンド居酒屋みたいなやったか?
繁盛されてるみたいで。

3年前には換気ダクトもなかったけど、つけはったんや。 店としての完成度が上がりまくり。 コンロはタチバナ製作所の流線形S-8S。 鉄板はずして網にカスタム。 網は火が通りやすいのと、店の手入れが簡単。 使い捨てもあり。 近所の老舗 多平は国際什器の網カスタム。

3年前には換気ダクトもなかったけど、つけはったんや。
店としての完成度が上がりまくり。
コンロはタチバナ製作所の流線形S-8S。
鉄板はずして網にカスタム。
網は火が通りやすいのと、店の手入れが簡単。
使い捨てもあり。
近所の老舗 多平は国際什器の網カスタム。
意識したのか。
赤身サシが多いと炎が舞い上がるんやけど、換気ダクトとセットなら安心やな。

お若いマスター男前。
接客応対もすばらしく、オッサンにもお姉さんにも肉の説明からホスピリティ溢れるトーク。
おっ、
お弟子さんはいったんや。
ママもいらっしゃると聞きます。
ご結婚されたのかな?
前から独身やなかったんか?
お弟子さんもカイラシ兄ちゃんや。
これ、ビジュアルで攻める作戦か。
女性の客は少なかったかと。

わーっ、
サーロイン3600円とか
リブロース1600円、
三角バラ1500円
和牛バラ1000円。
前には無かった高級赤身部位があるんや。
じゃ、
リブロース1600円、
上塩タン900円
ど生ビール注文。
サクッと。

美味そ~う。 リブロースの見事なサシ。 上塩タンはニンニクと塩コショウでナイスな仕上げ。 少量はオッサンにはありがたいけど、量からはハイプライスやな。
塩タン歯ごたえとジューシー。

美味そ~う。
リブロースの見事なサシ。
上塩タンはニンニクと塩コショウでナイスな仕上げ。
少量はオッサンにはありがたいけど、量からはハイプライスやな。

ぬごぉぉ~っ!
どっちも美味すぎ。
塩タン歯ごたえとジューシー。
リブロース柔らか。
歯なしでも食えまんがな。
こんな肉質重視の店やったかな?
変身しはったみたい。

「コンニチハ~。」
「アニョハセヨ~。」

おお、
韓流ヤングギャル3人客。
口紅が赤い。
向こうで流行ってんのか。
やっ、
マスター流暢なハングル会話。
めっちゃ接客できるやん。
凄い。

そーいや、
大阪の焼肉店によくあるパターンやけど、在日でらっしゃると昔ききましたわ。
在日でもこんなに流暢にはしゃべれんやろ。
勉強してはんねんな。

ぬごぉぉぉ~っ!
サーロイン3600円×3注文。
大きめサイコロ状の赤身、更に見事なサシ。
リッチ韓流ギャルルルルッ!

「たまたま向こうのSNSでひろがりまして。
酷い時は10人中 日本人ひとりだけの時もありますねん。
若い女性が多いんです。」

なるほど、
それで、ハングル凄いわけね。
多少はできはったやろけど、努力しはったんやな。
んで、お弟子さんも若くてカイラシ兄ちゃんなんやね。
ギャル対応か、
戦略的やな。

「向こうの焼肉は肉のレベルが低くて。
高い肉でもたいしたことない。
タレは味濃いんです。
かなり揉み込む。
こっちは肉がいいから、タレはかける程度ですもん。」

そら、
こんなサシの肉の写真みたらびっくりしおるやろ。
焼肉は韓国が本場やとおもてる韓国人にしたら全然レベルが違うなんて、アンビリーバボー。
だから、
赤身メニュー強化したんや。
これも戦略的。

ここのタレはまさしく、 淡麗醤油で美しく上品。

ここのタレはまさしく、
淡麗醤油で美しく上品。
酢が決めてと教えてもらいましたが、利尻昆布の和ダシやフルーツなど、
マスターいわく、
タレの材料が一番高いとのこと。
肉もタレも日本では進化しすぎやからなぁ。

ただの十三式やない。
韓流ギャル、
SNS、
高級和牛赤身、
淡麗醤油タレ
男前、
ハングル接客。
次は何が進化すんねやろ。
この店。

2016/03/22 (火)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ