あびこ あびこ食園 我が十三式の名店 25

※写真はクリックで拡大可

学生時代から20代前半まで、
僕の焼肉歴をふりかえると、
通った店が、

  • 西田辺 大昌園(レストラン閉店)
  • 長居 青瓦台(十三式移転)
  • 矢田 みっちゃん(テーブル卓上コンロ閉店)
  • 天王寺 つるや(カウンター炭火)
  • 天王寺 かどや(十三式移転)
  • 天王寺 大昌苑(十三式閉店)
  • 西田辺 味苑(レストラン)
  • あびこ 南大門(レストラン閉店)
  • あびこ よっちゃん(テーブルコンロ)
  • あびこ アビコ食園(十三式)
  • 沢ノ町 はやし源(十三式)
  • 沢ノ町 はなぞの園(カウンターコンロ)

こうして見てみると、
現在探究中の十三式の原点的存在は、

  • 青瓦台、
  • かどや、
  • アビコ食園、
  • はやし源といったところやな。

どの店も十三式の名店中の名店。
にもかかわらず、紹介がおそくなってしもた

アビコ食園。

あびこ あびこ食園 我が十三式の名店 25

食べログにも書き込みがないのは、
なんでやねんと思ってしまいまっさ。
きっと、僕も同じなんやけど、
あまりにも日常的すぎるんやろね。
この店。
そこが非常によろしい。
町の食堂的十三式なんす。

外からは中の様子がまったく見えんのやけど、換気扇から勢いよく出る煙で充分察しがつくわけね。
昔は昼も営業してたから、
近所の連れとよう行きましてん。
昼からね。
マスターもママも常連客も、
皆若かりし頃でしたから。
煙が引っ張るー。
近所の眠眠で餃子食べにきたのに、煙に誘われてアビコ食園に入ってしまうなんてことも。

小上がりテーブル3つとカウンター4~5席の一体感もよろし。
んで昔は、
今ほどビール飲めへんとご飯メインやったから、急須でバンバカくんでくれはるお茶をようさん飲んでましたわ。

肉をオーダーすると野菜もしっかりタレに揉まれて盛り付けサーブ。
これが嬉しいアビコ食園。
肉野菜炒め感覚やね。
揉みタレはつけタレよりライト。
チューか、
つけタレは味噌がはったかのような見た目も味もかなり濃い目。
ご飯が進む系で、こちらも普段使いなスタイル。

つけタレは味噌がはったかのような見た目も味もかなり濃い目。
狭い店内やから、国際什器マジックロースターMA-2がジャストフィットー。 綺麗に使こてはるわ。

狭い店内やから、国際什器マジックロースターMA-2がジャストフィットー。
綺麗に使こてはるわ。

「昼の営業やめましてん。」

昔話してたら、残念げにおっしゃるママ。
ほんま残念や。

うんにゃ、
美味いハラミ~。

美味いハラミ~。 変わってまへん。 ジュ~スゥイィ~。 写真でも解ってもらえるでしょう、 このハラミのフレッシュ感。

変わってまへん。
ジュ~スゥイィ~。
写真でも解ってもらえるでしょう、
このハラミのフレッシュ感。

美味いテッチャン~。
ホルモン系が強いわ~。
新鮮臭みなし、コリコリ。

カクテキもフルーティささえ感じるナイスな漬かり加減。

カクテキもフルーティささえ感じるナイスな漬かり加減。

や~、
満足満足。
このまま小上がり座敷で寝てしまいたいわ。
このまま。

2016/04/24 (日)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

北海道地場の味

コメントを残す

このページの先頭へ