らっしゃいかに市場

三軒茶屋 天楽 第2夜 東京の十三式

※写真はクリックで拡大可

残業後、飯なし。
三軒茶屋で途中下車。

ホルモン天楽 三軒茶屋 東京の十三式

スタミナ道場に向かうも定休。
やむなく天楽へ。

珍しい座敷のカウンター焼肉、
国際什器コンロKS-88がカウンターに3台とテーブル2卓の店。

定休なしのだいたい12時まで営業。

駅すぐの三角地帯と呼ばれるスタンド系飲み屋がかたまるエリア。
わくわくエリア。

塩タンとハラミ発注。 どちらも1000円越えは少し高い印象やけど、丁度ええボリュームではあるかな。

ここの肉のカットかわってますな。 削ぎ切りなんですわ。

塩タンとハラミ発注。
どちらも1000円越えは少し高い印象やけど、丁度ええボリュームではあるかな。

再訪で気づいたんですが、ここの肉のカットかわってますな。
削ぎ切りなんですわ。
タンもハラミも。
これがオンリーワン。
なかなかいける。
ママ(といってもかなりのお年ですが)我流でこれにたどり着いた。
削ぎ切りやから食いやすいし、コリコリ部分の食感が増すな。

強めの胡椒も最高。
これも我流とな。
ビールのアテにはええあんばい。

「私は和歌山出身やねん。」

なんとママ関西なんや。
なるほど十三式なわけや。
幡ヶ谷大昌園のマスターも鶴橋とおっしゃってましたしね。

jyuso-t2-3

タレも醤油系で甘さ控えめフルーティなよろしいセンスも関西焼肉に通じるがな。

「僕ら姉弟は山形です。」

唯一の来客おとなりはカップルと思てましたが。
山形と言えば~?
なんも思いつかんな~。
山形牛にさくらんぼ。
東京来たんやし新幹線でいかんとね。

僕は大阪。
方言でバレバレですが。

ママはお一人でこの店開店されたそうで、味付け他すべて我流なんだそう。
だから十三式でも座敷なんてバージョンが生まれたのね。

「和歌山は山と海しかないんよ。」

有田ミカンが農家高齢化で厳しい話。
サッポロビールラブな話。
田園都市線の昔話。
ついにママは調理をやめて座敷に着座。
4人でアテなしで酒をかわすことに。

なんと、お年は80歳をこえてらっしゃると。
全然見えん。
70くらいにみえまっせ~。

「昔は苦労ばっかりしてたから、今は一番幸せやねん。」

このせりふが20回ほどリフレーン。
相当お幸せでらっしゃる。
繁盛してんねんな。

ブシュ~。

ビールサーバーのビールがなくなりようやく閉店。
ぎりぎり終電まにあいましたな。
そういやママはどこ住んどんのや。
どなして帰るん?

「今日の3人は絶対わすれへんわ。」

常連のお墨付きいただきましたが、
完全に酔っぱらってはったから、ほんまかどうか再再訪せんと。

あ、ママ商売上手。

2016/01/23 (土)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ