なんばの十三式焼肉

※写真はクリックで拡大可

桑原さんのおっしゃる楽洛亭は間適器で、なんか情緒がないんですよ。
渋さが。

渋いなんばの十三式なら先の日本橋楽洛亭の他に、
仔牛屋
多平

時代屋
南一園
大八
あたりがおすすめです。

空(鶴橋が本店の有名店)と大八が肉も美味くてバランスよし。
活気もあり。

南一園はこちらも間適器ながら雰囲気よし。

前回、レポの多平も情緒満点。

が、もっとディープなのが
仔牛屋
時代屋
です。

どちらもガスではないのですが、レトロを越えて戦後の闇市ばりのクラッシックスなんです。

仔牛屋は1坪ほどしかない立ち食い焼肉

仔牛屋は1坪ほどしかない立ち食い焼肉です。

4~5人立ったらいっぱい。

これ以上になると、はすかいに立ったあげく、ひとつの間適器を隣客と一緒に使うという、おそらく唯一無二な店です。

タレが完全に醤油で最初から唐辛子とネギが満タン

ホルモン新鮮。

タレが完全に醤油で最初から唐辛子とネギが満タン。
これがたまらん。

なんばの十三式焼肉 時代屋

時代屋は
おそらく一人できりもりのおやっさんがまったくやる気のない店。

なんばJRAの南裏にあるカウンター6席ほどの店です。

老舗ではないけど、店内はかなり疲れてます。

競馬中継みるためのテレビだけが新しい。

はらみ600円で、デカ切りしかも葱がけの見事な一皿

逆にやる気なくてもうける気ないから、はらみ600円で、デカ切りしかも葱がけの見事な一皿を提供。

一品とビールだけ注文でも機嫌ぜんぜんよい人です。

JRAやってる週末は昼からOKやし。

2015/07/30 (木)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ