株式会社ぐるなび/来店完了

渋谷 うな錢 至福の鰻串たまらん

※写真はクリックで拡大可

渋谷 うな錢 至福の鰻串たまらん

「あ~美味いっ。」

「あ~美味いっ。」

しきりと隣のオヤジ。

「うなぎ弁当持ち帰り2つ。
タレたくさん入れといてくれる。」

タレが一番濃厚な肝串集中で、日本酒でやりはるオヤジ。
既に真っ赤いけ。
近眼鏡の奥の目が開いてるのか空いてないんか。

大阪から転勤で気づいた、
関西には鰻串ないんですわ。
と、

「西東どっちだって美味い。
こっちが美味いとか言ってる奴は、あれは、愚の骨頂だな。
そう、愚の骨頂。」

さすが、オヤジさん。
久々に聴くワード。
素晴らしく的確な言葉。
腹割り背割りでも、味変わるわけ無いしね。
関西のまむしも、名古屋のひつまぶしも、温かご飯に埋もれて蒸されるから、結局、蒸し焼き江戸前蒸し焼きと一緒やしね。
愚の骨頂やな。
まったくどーかんです!

「これは家のカミさんにお土産で、明日の夜食うんだよ。
カミさん喜ぶだろな。」

それはそれは、

「ここ何時まで?」

10:00LOですよ。

「なんだ、もう終わりじゃん。
けど、この時間はすいてて良な。
ゆったりできるし。」

そう、オヤジさんそのとおり。
僕は訪店2回目やけど、確かに早い時間は満席でカウンターツメツメで座らんとあかん。
大丈夫。
店は10:30まで開いてますから。

「この弁当はちゃんと串はいってるよね。
大丈夫ぅ?
この弁当は明日食うんだよ。」

わかったって。
知ってます。
そーか、鰻弁当はご飯に蒲焼きと串まで入っとんのか。
なかなかよろしいな。
僕も今度カミさんにお土産しよ。

最近、心斎橋に鰻串屋できたらしい。
が、それまでは関東で当たり前の鰻串は、関西ではありえへん食いもんやった。
1本200~400円で食える鰻なんて、飲み介にはたまらんわ。
焼鳥、焼豚なんかの未成年者でもおいてたりするみたい。

鰻串は部位メニューもよろしい。
鰻の頭を焼いた、
カブト。
これ一番人気。
いつも売り切れ。
ジャリジャリなんやろね。

しろばら・ ヒレ・ キモ・ 短尺

右から
しろばら・ヒレ・キモ・短尺

肝やない肝臓だけのレバ
まったり。
しろばらは、
塩、
ばらは、
タレで、アバラ肉でやらかい。
くしまきは、
鰻の子どもを焼いた柔らかくてジューシーな。
ヒレは、
香ばしい。
くりからは、
ハラミで味付けなし。

くりからは、 ハラミで味付けなし。

くりから

ワサビと醤油で食う。
これ最高。
キモは、
肝吸いに入ってる肝をタレで。
な~っ、たまらん。
短尺は、
蒲焼きの串版。
ご飯たべた~い!
んで、

小鉢で鰻肝の佃煮も昇天もの。

鰻肝の佃煮

小鉢で鰻肝の佃煮も昇天もの。

「君ぃ、今度またこの時に会おう。
カウンターゆっくりできるし。」

へ?
僕ですか?
オヤジさんわかったよ。
また閉店前にきます。
また、鰻串おしえてや~。

精力絶倫。

精力絶倫。
マイティマイティ~。

2016/05/28 (土)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

博多発祥もつ鍋【良之助】

コメントを残す

このページの先頭へ