鶯谷 東瀛(トウエイ)~信濃路 朝飲みSearchin’

※写真はクリックで拡大可

鶯谷ミュージックホールって、笑福亭鶴光が歌った架空の歌詞やったなんて。
モデルになった店が絶対あるとおもてました。
カミさんと転勤住居探す際に鶯谷通過で、

「ミュージックホールはどこなんやろ?」

と、夫婦でマジ車窓Searchinしてたくらいやからね。

知らんかった。
実在のものと思ってる同世代関西人は当たり前やんやと。
なんせオリコンランキング14位のヒットやし。
その鶯谷。
朝7:00。

線路からは、南の高台には上野公園からつならる広すぎる墓地。
北にはもの凄いラブホ街。
山手線の駅としては、最もユニークなロケーション。
いや、
全国的に見てもこんな駅珍しいんやないかと。
どーも、
このロケーションが故、山手線一のダサい駅になってしもとるらしい。
ディープな町やと。

ウミウミ。
ダサいダンスがイメージのスクールメイツも、この曲はキレキレでんな。
渋谷鉄平へのモチベーション高かったんやね。
んで、
なかなかシャウターやん。
ところで、
キャンディーズってスクールメイツ出身って知ってました?
もっと前の頃やけど。
話し戻して、
朝飲みSearchin’。

中華料理 東瀛。

鶯谷 東瀛(トウエイ)~信濃路 朝飲みSearchin'

チェーンでない中華やのに、24時間営業は珍しい。
大阪天満には十八番があるけど。
駅前ラブホ街を行けばすぐ。
それにしても半端無いラブホ街。
東瀛といい、やっぱディープやわ。

おっ、
雨の朝はさすがに客少なく先客は常連お一人様だけか。
テレビのチャンネル独占や。
渋いオッサン。

煮豚300円とビール470円注文。
お通しお新香タダなんか?会計770円の朝飲み。
乾杯~!

一人で。

ビール470円
煮豚300円

店内にテレビの音だけが鳴り響く。
良心的プライスメニューが多数の東瀛は、朝飲みだけやないオールでコスパ素晴らしい店やな。
煮豚美味い。
他のメニューも評判良さそな。
なんと、焼き魚はじめ居酒屋メニューも多いわ。
どれも250円、300円、400円。
こんな店近所にほしいやんか。

「中国四川のパンダ園が….」

テレビ放送が唸ると、厨房の兄さんでてきてかぶりつき。

テレビ放送が唸ると、厨房の兄さんでてきてかぶりつき。

兄さん中国の方みたいね。
故郷忘じがたき候。
大阪のニュースかぶりついてる僕と同じや。

美味いし安いし、朝の体調すこぶる良いけど、渋いわりにおもろ無いから、次行こか。
駅前の

信濃路へ。

信濃路へ。

AM7:30。
朝ハシゴ~ん。
渋い。
渋いわ~。

立ち食いそば屋の奥がカウンターそのまま居酒屋。
先客既に多数で5割席うまっとる。

立ち食いそば屋の奥がカウンターそのまま居酒屋。

アダルトお一人様とカップルでしんみり系。
渋いわ~。
ハムエッグ350円と生ビール注文。
隣のオッサンはホッピーの

「中もうひとつ。」

キャー、数珠つながりでんなぁ。
どんな値段設定なんやろ?
氷と少し残ったホッピーに、ビールと焼酎だけ追加ってことか?
だんだん濃くなりまんな。
間違いなく。
朝飲みなれてはる。
もずく酢すすりながら。
渋ぅ~。

な?
青汁サワーって。
健康的ぃ~。
そう、
高齢化の日本。
団塊世代のハッピーリタイア急増で、朝飲みオヤジも急増みたいで。
最近は。
昨年くらいから気づいてました。
青汁サワーなんて、攻めてますねぇ。
誰も飲んでへんけど。
次回はチャレンジしますか。

向こうのカップルハムエッグでのみすぎみたいで、姉さんトイレ頻度15分タームでんがな。
何杯めのビールでっか?

やっ? ハムエッグきましたが、これって、まさか? ニンニク味やんか~。 ありえへん。

やっ?
ハムエッグきましたが、これって、まさか?
ニンニク味やんか~。
ありえへん。
添えのキャベツか?
いや、
ハムエッグや。
僅かに唐辛子の赤い粒も。
美味いやんか~。
家でもやろかな。
ニンニク ハムエッグぅ~っ!

カウンターにはやはりウスターソース無し。 醤油でええわ。

カウンターにはやはりウスターソース無し。
醤油でええわ。
うんまい~っ!
衝撃のモーニング玉子とニンニクのコラボ。
ん?
ちょっと待てよ。
もしかしてフライパンでニンニクメニューの後やったとか。
まあ、どっちでもええわ。
美味いもんは、美味い!
もっぱいビールチョーだいんかぁ。

盛り上がる朝飲みSearchin’。
けど、アテは追加しまへん。
この後の早食いランチありまんねん。

コースターズのカバーやってたんやね。
渋いわ~。
鶯谷、
ディープっちゅーより、渋いっ。
渋いわ~。

2016/05/28 (土)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

北海道地場の味

コメントを残す

このページの先頭へ