北海道地場の味

赤身焼肉かるびあーの よりみち新橋

※写真はクリックで拡大可

最近は焼肉も細分化されてきてますな。
まず、

  • レストラン、
  • カフェスタイル、
  • 立ち食い、
  • 食道園スタイル、
  • ほんで十三式。
  • 高級こだわり、
  • 一枚オーダー、
  • ほんで食べほ。
  • 肉バル、
  • ホルモンメイン、
  • ほんで、赤身専門。
新橋赤身焼肉 かるびあーの。んー。カウンター炭火焼き。

新橋赤身焼肉 かるびあーの。

んー。
カウンター炭火焼き。

かんてきでなくて、カウンターに特注の炭火投入できる溝がありますな。
ハイブリッド&イノベーション!

リーマンパラダイスの新橋はどんどん進化しよる。

本石亭マスターがいってたカレーも、大阪カレー、ネパールが台風の目やし。

大阪出張前にサクッと行きましょか。

ここの名物は、「塊焼き」らしいっす。

その日お奨め赤身160g以上の塊を30分かけて焼いてくれはる。
2600円。

後半アルミホイルに包んで、つまりはローストビーフみたくなって〆で登場なんてパターン。

魚割烹で、〆鯛めしみたいな感じの赤身命バージョンやね。

僕はいらんけど。

ローストビーフは焼肉屋にいらんわ。

ただ、焼く前に本日の赤身お奨め部位の塊を、すべてお盆にのせてみせてくれて、どれを塊焼きにするか選べるシステムはワクワクしますな。

シンプルに肉好きはやられるでしょう。

店員さんのこだわりの部位説明もよろしく。

間違いなくやられますな。
赤身パビリオン。
舞い上がる。

お一人様の僕は、 本日お奨め、数少ないホルモンの焼き生レバー850円としんしん1700円。

お一人様の僕は、 本日お奨め、数少ないホルモンの焼き生レバー850円としんしん1700円。

で、
お一人様の僕は、
本日お奨め、数少ないホルモンの焼き生レバー850円としんしん1700円。

しんしん、かめのこがモモ肉のサシや脂身少ない赤身。
サッパリ系。

健康きづかって。

焼き生レバーちゅうくらいやから、もしかして生でも食えるんか?
今やありえへんけど。
ややリッチなラインナップ。

カウンターながら赤身専門、
とーぜんやや高めのプライス設定。

なんと、付きだしつきました。 キャベツやん、と思いきやなかなかドレッシングいやかかるペースト美味すぎますな。

なんと、付きだしつきました。
キャベツやん、と思いきやなかなかドレッシングいやかかるペースト美味すぎますな。

カレー風味マヨネーズ?
粘度と甘味はなんやろ?
納豆か?
ピーナッツバターか?
美味いねぇ。

これがレギュラー付きだしなら、再訪確実か?

が、肉はどーですか。
まず、焼き生レバーですが、ややえぐみ残あり。

個人の責任でも生は無理やな。

焼いても薬味つけんと。

しんしんもわかるけど、見事な薬味ラインナップのほとんどがアンマッチ。

しんしんもわかるけど、見事な薬味ラインナップのほとんどがアンマッチ。

脂身少ないサッパリヘレ系には、シンプルに醤油とワサビなんやけど。

黄身醤油の黄身いりまへん。

ワサビや塩だけでは弱いかな。

この店は、塊焼き脂身少ないはモモ系。

単品は脂身多目部位で、薬味を楽しむのがよろしかろう。

ただしカウンターでサクッとでも一人5000以上間違いなしですが。

進化はリーズナブルに進んでほしいと再認識したよりみちてしたわ。

2016/01/15 (金)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

博多発祥もつ鍋【良之助】

コメントを残す

このページの先頭へ