北海道地場の味

木津市場 川上商店

※写真はクリックで拡大可

以前は随分お世話になりました。
大国町の木津市場。
一時は存亡の危機やったけど、
結局、
リニュアルで、ショボかった食堂各店は皆さん立派な店構えに。
いや、
よかった、
よかった。

朝めしや、
昼めし、
徹夜明け。
よく来たのは、
食堂 当志郎、
うどん大和、
かなえ寿司、
ほんで、

木津市場 川上商店 鰻の蒲焼き

鰻の川上商店。

関西蒲焼きの店やから、
蒸しまへん。
ひたすら焼く。
タレつけて、
ひっくり返して、
ひたすら焼く。

しょっちゅうタレつけてひっくり返す焼き方やから、身に味がしっかりつくのと、皮が香ばしい。
ヒレも頭もついたまま焼きはります。
焦げたヒレも皮も香ばしい。
香ばすぃ~いっ!
身が絞まっとる~ !
蒸した鰻みたいに、ふわふわちゃう。

リニュアル前は、有名な割にはきったないし、狭い店やった。
せやから、
安いのも売りでしたな。
今は、
更に有名やし、
値上げも。
鰻全体にいえるけどね。

今日は宴会で、徹夜明け。
ちょっと贅沢に、
蒲焼き1900円、
肝赤300円、
う巻き300円とビール発注。
なんて、贅沢に。

焼き続けてるからか、すぐにサーブ。
すばらしいオペレーション。

蒲焼きの蓋をとる。 香ばしいかおりが素敵。

蒲焼きの蓋をとる。
香ばしいかおりが素敵。

ビジュアルも美しい!
とは言えず。
木津市場だけに、
少し焦げ目がたまに木津。
なんて。
これが、関西の蒲焼きやな。
確かに身が絞まって、タレ味が美味い。
よう、しゅんどるわ~ん。
オヤジ昇天。

爽やかな赤肝。 ゆーても味噌は普通の。 赤味噌やおまへん。

爽やかな赤肝。
ゆーても味噌は普通の。
赤味噌やおまへん。

う巻き安い!
300円。

う巻き安い! 300円。 鰻は少ないけど、上手に焼いてはる。

鰻は少ないけど、上手に焼いてはる。
食感のコントラスト。
あと、焦げ目が入る関西蒲焼きやから、玉子にあいますな。
金ない時、
う巻きと肝赤とビールだけで、会計したらきらわるかなぁ。
十分なんやけど。
やる勇気なし。

そや、 ここ来たら蒲焼き持ち帰らんと。 焦げた頭付き、 焦げたヒレ付きの。 一匹1900円。

そや、
ここ来たら蒲焼き持ち帰らんと。
焦げた頭付き、
焦げたヒレ付きの。
一匹1900円。
お父ちゃんに親孝行や。
散財やけとね。
朝から。
タクのらんと電車で帰るからいっか。

帰って寝てるオヤジに鰻土産の置き手紙。
‘木津市場の川上商店
蒲焼き冷蔵庫にあり□’
と。
おやすみなさ~い。

昼起き用事で出かけて、帰り道。
蒲焼き
蒲焼きーっ、
食いてーっ!
楽しみに浅夜に家に帰りまんがな。

「昼とさっきで、食べといたで~。」

ん~ですか~。
なんでやねん。
ま~ええかぁ。
親孝行息子。

2016/03/26 (土)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

博多発祥もつ鍋【良之助】
らっしゃいかに市場

コメントを残す

このページの先頭へ