両国 巴潟 ちゃんこランチ

※写真はクリックで拡大可

なんと初両国。

僕ら世代のオッサンにとっては、相撲より全盛期のキャンディーズライブ開場としての蔵前国技館が第一想起の地。

なんせ高校時分は大阪キャンディーズ連合でしたからね。

そして、ちゃんこランチといえば、
なつかしいの~ぉ、志がのちゃんこランチ!
〆のラーメンまで美味かった~。

3人以上で行くと鍋がでかい鍋で協同になるから、具の取り合いでよくもめながら食ったもんですわ。
数数えながら食いなはれっつーの。

両国 巴潟 (ともえがた)ちゃんこランチ

で、両国。
男前 寺尾の店もあるけど、座敷の雰囲気に引かれて、ランチ一番人気の

巴潟へ。

3階座敷に通されて、よかった、2階はボックステーブルね。

ランチのダシは日替わり指定なのか、この日は味噌豚なんやそう。

家内と 刺身の付いた小結1940円と 付いてない幕内1285円を 注文。

家内と
刺身の付いた小結1940円と
付いてない幕内1285円を
注文。

配膳の小結は鰹の刺身とコロッケにサラダがプラス。
配膳の小結は鰹の刺身とコロッケにサラダがプラス。

配膳の小結は鰹の刺身とコロッケにサラダがプラス。

それ以外は同じ内容ですな。
まあ、幕内で十分やな。

鍋は懐かしの大阪志がのちゃんこランチとちがって、具がたっぷり。 大量の豚バラスライスと野菜でパンチくりん状態。

鍋は懐かしの大阪志がのちゃんこランチとちがって、具がたっぷり。
大量の豚バラスライスと野菜でパンチくりん状態。
具材に味噌ダシの味もしっかりシュンで、ウマウマ。
味噌ダシは味噌の発酵酸味がきいた癒し系で、インパクトはないが量を食らうには調度ええバランス。
好きな味噌汁の味に近いわ。

おそらく、このノリで夜の単品鍋2900円には上等の具材がプラスされる内容なのでしょうな。
よいお鍋やなぁ。

約30分、
家内と大阪でよく行った、
扇町の胡麻すりちゃんこや
本町の志がの話に花が咲き、
量を食える巴潟ちゃんこは、最も相撲リアルちゃんこなんやと結論がでたところで完食。
腹ぱんちくりんに。
げっぷぅ~。
ごっつぁんです~ぅ。

会計終わって、いつものように店舗写真を狙う店先。

「TOMOEGATA?CHANKO?」

インバウンドチームに聞かれまくり。
はいはい、ここですよ~ん。
こちらの人もあちらの人も、CHANKOここですわ。

SUSIとかWASABIみたいにCHANKOも国際語になりそうな勢いですな。

2016/02/14 (日)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

博多発祥もつ鍋【良之助】
北海道地場の味

コメントを残す

このページの先頭へ