北海道地場の味

大阪ラーメン Re-Open 坦坦

※写真はクリックで拡大可

大阪ラーメンの話はまだまだ続きまっせ~。

十三駅西側しょんべん横丁の火災はショックやった。

十三式焼肉の聖地。

名店、精来軒と大安がなくなってしもた。

大阪ラーメン Re-Open 坦坦

実はこれ以上にショックな出来事が、

ラーメン坦坦が閉店した事。

はっきり言ってめちゃくちゃ通ってましたからね。

薬味フリーも継承

中華そばの匂いをのこしつつも金龍ライト豚骨スープを繊細に進化させた

そして、この店こそ大阪ライト豚骨の直系繁盛店やったからね。
残念でならん。

スタイルは金龍のながれをくむ味。

中華そばの匂いをのこしつつも金龍ライト豚骨スープを繊細に進化させた。

薬味フリーも継承。

ご飯2杯まで無量で800円。

ビールとで1100円。

ラーメンのおかずにご飯を。
の張り紙がそのスタイルを表現する。

スープは、金龍よりゴマ油しっかり効いて香ばしく、晩年にはかなり淡麗な仕上がりで、ライト豚骨頂点の高みに登りつめた感さえありましたな。

味の変化のきっかけは、すぐ隣につけ麺屋ができた頃かな

味の変化のきっかけは、すぐ隣につけ麺屋ができた頃かな。

マスターいわく
「工場でつくった材料で若いやつが作っとるから負けへんで。」

励まそうと思った僕に、逆にこころ強いメッセージをいただいたことを思い出しますなぁ。

そう言えば、麺鮮度のこだわりでなんば周辺だけで展開する金龍は、赤い本店地下で麺を生産、スープは各店仕込みだが、なかなかバイトくんも多数で、かなり乱暴な料理になっちまっとる。

600円で安いけどね。

頑張っていただきたい。

再開があるものと信じて疑わないのは僕だけでないはずや

坦坦はどのサイトにも「休業」とあるので、再開があるものと信じて疑わないのは僕だけでないはずや。

そん時は、大阪出張しまっさ~。

2015/09/22 (火)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

博多発祥もつ鍋【良之助】
北海道地場の味

コメントを残す

このページの先頭へ