北海道地場の味

大阪ラーメン ライト豚骨

※写真はクリックで拡大可

大阪ラーメンのルーツ的存在、
屋台アベノ日本一。

ニラ辛味噌トッピが美味い
豚骨醤油ラーメン。

そしてもうひとつ、
大阪ライト豚骨!
これぞ大阪ラーメンの最右翼ではないかと。

1960年代、個人経営の外食店が増殖した時代。

屋台から中華料理店やラーメン専門店へ移行しますな。

全国的なラーメン専門店の普及のきっかけは札幌味噌ラーメンのブームから。

  • サッポロラーメン
  • どさん子
  • 味の時計台
  • 北海ラーメン
  • 特に大阪では
    熊五郎

など、60sから70sにかけて大ブームとなりました。

あべの古潭も最初はこの流れから出店。

鶏白湯スープが人気でしたが、今やマイナーメニューの味噌ラーメンがオープン当時はメインでした。

札幌リアルさより美味いもんをもとめる、これも大阪らしさの例でしょうか。

次のウェーブは70s豚骨ラーメン。

空心町 薩摩っ子薩摩っ子本店

金龍御堂筋店金龍御堂筋店
左側、楽楽ラーメン跡にピタットハウス

が、大阪では2つのチェーンが大人気に。

  • 空心町 薩摩っ子
  • なんば 金龍

ですわ。
やっぱりリアル博多豚骨ではなかった。

薩摩っ子は創業1963年。

70sには関西中に○に十字の支店、暖簾分け、フォロワーが増殖。

ニンニクラーメン時代の幕開けですな。

因みに空心町は東天満界隈にあったけど、今や町名が地図からきえておま。

フォロワーは、

  • 天洋
  • はなみち

あたりが直系ですが、他にも多数。

塩ベースゆえに白くてクリーミーな豚骨スープに柔らか目中細ストレート麺。

なんといっても醤油味が染み込んだぶよぶよバラチャーシューが抜群に美味くて、ニンニクは刻みで投入が特長。

なんば金龍は、1982年創業。
薩摩っ子が耕した豚骨マーケットに流星の如くデビュー。

ミナミの夜遊人に大人気に。あれよあれよと界隈に5店展開。
フォロワーも関西中に急増。

しまいには一番店の立ち食い御堂筋店の真横にフォロワーの楽楽ラーメンが出店するなど、壮絶な豚骨ラーメン戦争が大阪中でくりひろげられたんですな。

いつのまにか豚骨第一想起ラーメンは薩摩っ子から金龍に移行してしまったんですわ。

フォロワーは

  • 楽楽ラーメン
    (現なにわラーメン、
    加賀谷、あびこ2店のみなってもた)
  • 福福ラーメン他福ちゃん系
  • 坦坦(十三火事で休業中)

などの他に個人店も多数。

わらか中細ストレート麺。
醤油ベース茶濁スープは、豚骨に鶏野菜をブレンド。ほんのり胡麻油が香ばしい。

博多豚骨みたく臭くない。鶏ブレンドだからまろやか。

今たべると、あんまりコッテリしてないんですな。

この辺がライト豚骨と銘打つ理由なわけです。

魅力は、なんといっても白菜キムチ、ニラキムチ、細切れニンニクがフリー!
このシステムがなかったらここまで流行らんかったでしょ。

結局、大阪の80sは新旧入り乱れて豚骨ラーメンが凌駕した時代やった。

豚骨でニンニクないとラーメンちゃうみたいな。

世はバブル全盛ですから、絶頂期の大阪ナイトライフの活気はライト豚骨で〆られてたわけ。

薩摩っ子ラーメン

薩摩っ子ラーメン
金龍ラーメン

金龍ラーメン
金龍白菜キムチとニラキムチ

金龍白菜キムチとニラキムチ

2015/08/15 (土)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

博多発祥もつ鍋【良之助】

コメントを残す

このページの先頭へ