株式会社ぐるなび/来店完了

葡萄屋 神田友愛

※写真はクリックで拡大可

東京駅のとなり神田はカレーの町です。

石本亭のマスターがいってました。

いまんとこ東京No.1のカレーの店。

No.2も同じ神田のカレーのトリコやし。

葡萄屋 神田友愛

カレー聖地の神保町の隣の神田も少し極めたいので、
葡萄屋へ。

昔大阪ミナミのサーファーディスコと同じ名前。

夜はご飯なくパンで居酒屋メニューになるカレーらしい。

望むところや。

3人で満杯の雑居ビル エレベーター5階にあがると、なんとゆったりとした配席の居酒屋だ。

というか、客少なし。

ただしかなりクラッシックがゆえに一見を寄せ付けない空気。

「夜はカレーライスはできないです」知ってるよ。

「パンですよね?」

かなりの違和感。

なんやこのオバハン。

ワシは客やで!

これで了解とビール発注も突き出しのもずくと冷奴はくるものの、いっこうにカレーがでる気配なし。

中央テーブルの年増女子チームもアテなしで飲んでるし。

と、マスター
「今日はナスとキャベツ。いつでも。」となんと、さっきので発注ではなかったのね。

「すぐやって!」

そして配膳のカレーすばらしい。

そして配膳のカレーすばらしい。

それからBGMが変わってマスターとママとの会話が進む。

ジャズ&ブルース。

ひとつの灰皿で喫煙、乾杯、おみやげおすそわけ、年増女子チームとの融和。

皆一人客だったのね。

マスターはミュージシャン、アーティスト系で有名らしくおしのび来店多数。

budoya3

ロン毛たばねて色黒オヤジはかなりあそんでたみたく、会話はラビシャンカールから憂歌団、ヒッチハイクから野外ライヴと桑原系ののりながら、人の話しを聞かないタイブ。

横でママも喫煙、焼酎のみだすし。

最高のカレーを食すためには、この空気に馴染まねばならず、万人向けではないが僕はかなり楽しく、年増女子チームに高級チェリーとマシュマロのおすそわけと退店時に拍手で送り出されて、再訪したらチーム葡萄屋なんでしょうね、僕は。

マスター若い頃の無国籍旅が原点のベジタブルカレー2種は、本当は昼2時間ほどの営業もおぼつかないかないながらご飯と涙したい絶品。

東京の人は人見知りなんやな。

2015/07/08 (水)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

博多発祥もつ鍋【良之助】
らっしゃいかに市場

コメントを残す

このページの先頭へ