らっしゃいかに市場

本石亭再訪 神田ナイト連発

※写真はクリックで拡大可

ダンクラバーBampが駄目ということで、六花界繋がりのお姉さま方とわかれ、改めてはしご立ち食い焼肉再開や!

焼肉酒場 牛恋へ。

がしかし、客なし。
メニューも個性なさそうで、トーンダウン必至か。
やーめた。

再訪したい蒲萄舎か?

本石亭再訪 神田ナイト連発

それなら、

本石亭 再訪!

マスターきたでぇ。

「前はキーマでしたね。
今日は違うのしますか?
ジーンズの会社の、もう転勤したんですか?」

さすが、覚えてくれてはる。
その上、辛いの好きなんまで。
名店のマスターに覚えていただいたなんて、涙。
おろろぉ~ん!

インド風カレー辛めハーフサイズ

バスペールエール

honsekitei3

で、インド風カレー辛めハーフサイズとバスペールエール注文。

美味い!

南インドはさらさらルーが特徴やけど、僅かにトロミを残す個性のブラウンルーはクミンのスパイス香る王道なお味で、辛めとのバランスよし。

ほどよく硬めご飯もグーやん。

食べ終わりのみ進めば、研究熱心なマスターのカレー時事放談が始まりますな。

カレーの美味さプラス、これが聞きたいから来ましたんや。
楽しいやんかいさ~。

ここんとこ注目はネパール、なんてマニアックな話がプロローグ。

大森にネパールの少数グルメ民族のタカリ族の店が日本で初めてできて、これがなかなかマスターでもお初の料理に胸打たれた話とか。

勝田台がインド南北名店で熱いとか。
鎌田のスリランカがレベル高いとか。

そのネパール名店タカリパンチャが新橋に2号店進出で、ネパールがインド系カレーの台風の目になりそうとか。

僕の持論に合わしていただいたんでしょね、結局 日本人のカレーは最終的にライスカレースタイルに落ち着くんちゃうかとか。

少し焼肉に傾いてたのに、グイーっとカレーに引き戻されるお話がガンガンやってきて、
もうビール3杯、ん?4杯?

かなり酔いが回ってきたところで、新たに入店の顧客さんが、以前に堺の北花田にいらっしゃったなんて話でまたまた盛り上がって、遂に泥酔状態で退店。

  • 六花界、
  • 蒲萄舎、
  • 本石亭、

ディープいやマニアック神田ナイトは、おもろすぎです。

通う程に深堀したくなる町ですな。

2016/01/02 (土)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

博多発祥もつ鍋【良之助】
北海道地場の味

コメントを残す

このページの先頭へ