北海道地場の味

小さなカレー家さん 新大久保

※写真はクリックで拡大可

すっかりブームが終わって落ちついた新大久保にやってきました。
と、お祭りでもやっとんのか?
ぜ~んぜん人多いやん!
東京転勤で一番に思うこと。

人が多過ぎ。
だから、いろんな商売がなりたつ。

ただ、お店がアジアン全域メニューに広がってる感じね。
人の多さは韓流ではないのか。

駅すぐにちょーレトロなたたずまい。
小さなカレー家さん 新大久保

なんて歩いてると、すぐに大久保駅。
駅すぐにちょーレトロなたたずまい。

小さなカレー家さん。

テント半端なくぼろぼろやな。
あとで知りましたが、キタナシュランにでてた店なんだそう。

なるほど、人形と表彰状が店内に。 しかも繁盛店らしい。

なるほど、人形と表彰状が店内に。
しかも繁盛店らしい。

失礼とはおもいますが、人の多い東京やからこんな店が商売なりたつんやないか?

大阪にもボロい店はたくさんあるけど、美味くても商売たいへんそうなとこばっか。
お客さんの数が違うわな~。

牛スジカレー並でご飯だけ少な目、茹で玉子、味噌豚のせと缶ビール注文。
で、950円。

え?
まじで。
ビールも入れて?

セットならビール250円!
なんと並カレー450円!
しかもご飯少な目ですねんけど、
量多くね?

その激安カレーは、サラサラ系。 素朴やけどあんまり甘くなくて旨味と辛さがおしてくる。 うまいなぁ。

その激安カレーは、サラサラ系。

素朴やけどあんまり甘くなくて旨味と辛さがおしてくる。
うまいなぁ。

看板にあるとおり、これは癖になる味。

食堂カレーのイメージか、
大阪でもクラッシックスの千里ジャンボなんかが近い味。
牛スジはあとのせなんで、牛のコクはそんなに感じへん。

この値段。 この味。 このボリューム。

この値段。
この味。
このボリューム。

さっきはこんな店なんて。
ほんとに失礼シマシタ。
名店ですがな。

カウンター内は親父さんひとりやのに、次々とやってくる男男男。
けっこうな量のキャベツのサラダ50円をダブルで注文当たり前。

トッピングの味噌豚や鶏は、注文ごとに焼調理な上に、いちいち丁寧フライパンに洗いはるから、なかなかの待ち時間ですな。
くたくたの店内で、このフライパンが違和感を感じるほど新しくて、なんかおもろい。

夕方5時閉店のはずが
なんと、3時で閉店。

激仕事で親父さん表のテントばりにくたくたやね。
こんなけ流行ると早じまいしゃーないな。

2015/12/19 (土)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

らっしゃいかに市場

コメントを残す

このページの先頭へ