株式会社ぐるなび/来店完了

北品川 ロビンソンクルーソー 余裕綽々のカレー

※写真はクリックで拡大可

カレー店に入るだけで汗がでる。
目の下、頭のてっぺんから。
数年前、大阪でカレーバスターしはじめた頃から。
条件反射?
いや、更年期やからか?

品川から京急でひと駅の北品川近くの住宅街にある

北品川 ロビンソンクルーソー 余裕綽々のカレー

ロビンソンクルーソーへ。

今日も突入して直ぐに滲み出る汗。
きてます、きてます。
店奥は座敷、手前は6席ほどのカウンター。
建物から店内まで生活感満載のひなびたカレーハウスながら、多数のメディア露出で話題店に。
話題の坪は辛さ調節が半端ないこと。

50辛以上で店内に名前貼り出しです。

1辛アップで10円。

なんと3000辛なんて3000円アップかいな。

50辛以上で店内に名前貼り出しです。

オバさんの接客で、びびりながら10辛を20辛に変更でホーレン草トッピの北品川カレー サイズM(ご飯250g)にゆで玉子追加。
ビーフは街道カレー。
シーフードは江戸前カレー。
挽き肉(キーマのこと?)は御殿山カレー。
揚げた鶏モモは東京カレー。
中華風カツは八つ山カレー。
それぞれ意味は不明。
やはり関西人の僕には理解できまへん。
厨房は、もうお一人オバさんが鍋に挑む。

ぬごぉ~っ! 隣の兄さん100辛ですか。 ルー赤いですやん! 写真とらせてくださいまし。

ぬごぉ~っ!
隣の兄さん100辛ですか。

ルー赤いですやん!
写真とらせてくださいまし。

兄さんどーですか?

「最初は大丈夫そうです。
んー、まだこれからはわかりませんね。」

とか言いながら、味わうように食される。
汗もかかず。
かなりの強者か?

オバさんの接客で、びびりながら10辛を20辛に変更でホーレン草トッピの北品川カレー サイズM(ご飯250g)にゆで玉子追加。

で、
こちらの20辛サーブ。
そんな赤くないわん。
美味い~。
全然いける~。
いつも食ってる辛さやな。
50辛くらいまでならいけるかもね。

オーソドックスな欧風ルー。
甘すぎない。
野菜の旨味が爽やか。
きめ細かく溶け込んだ素材が、そこそこの粘度のルーに。
舌触りのよく重たくない。
スプーンがすすむ。
追っかけてくる辛さ。
んー、
さらに吹き出す汗~ん。

トッピのホーレン草もなかなかいける。
塩バター炒めやね。
ルーにあってます。
思わず薬味の干し葡萄と福神漬けのせるのわすれてましたな。

隣の兄さん見事にフィニッシュ!
やる~。
汗かいてへんし。
激辛好きは、いったいどんな体の構造になっとんのか?
悠々と、店内掲示の名前とコメント記入に移行。
更に50辛以上達成の強者は、

辛選組

という称号と特別会員にもなれるそう。

そして汗かきながら、こちらもフィニッシュ。
辛選組はあかんけど、普通の会員カードいただきノートに記名です。

話題やし、もーかってるからパートさんに任しとるのかな?

それにしても看板のキャラもそうやし、テレビ見たときも若いマスターやったはずやが?
いないなぁ。

なっ!
奥の座敷でネコとたわむれとる!
楽しげやね。
確かにこのマスターや。
仕事しないんや。

話題やし、もーかってるからパートさんに任しとるのかな?

ネコとたわむれるマスター。
100辛余裕の隣の兄さん。
どちらも余裕綽々やね。

2016/02/07 (日)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ