らっしゃいかに市場

昭和町 陽気 ザ サード 再々々々訪 第3のお好み焼き

※写真はクリックで拡大可

大阪に帰ると、
内の父ちゃんが晩飯リクエスト。
居酒屋か
お好み焼き、
実家近くの
ザめしや
で一杯、
いや4杯目くらいがパターン。
父ちゃんの大好物は、
焼きそば。
次に、
お好み焼き。
さすが大阪人やね。

ここんとこ針中野こだいみょうばっかやったしね。
今日は、
久々にお好み焼きやと。
ならば、
昭和町駅近くの

お好み焼き 陽気やな。

決まりましたわ。
昭和町には、

お好み焼き ハワイ

ちゅーのもありますな。
何度かおじゃましましたが、
なかなかアットホームな居酒屋使いのおでんも美味い店でしたわ。
昭和町でハワイ。
ユニークな店名ですな。
こちらは広島焼きです。
ハワイやのにイケる広島焼きです。

で、
界隈には、
白湯ベースの味噌ラーメンが美味い
彩々や、
串カツの名店、
五源大喜、
人気のハンバーグ、
ボストン他
美味い有名どころが多数。
やけど、
お好み焼き陽気はあんまり知らん人多いな。
はっきり言ってメジャーやない。
じもぴーメジャークラスか。

地下鉄昭和町駅1番出口。
上がったソフトバンクとみらい鍼灸院の間の路地を行けばすぐ。

数年前に改装しはったんやろね。 老舗やのに清潔感のある白木使いの綺麗な店構え。 暖簾のセンスも良ろしいし。

数年前に改装しはったんやろね。
老舗やのに清潔感のある白木使いの綺麗な店構え。
暖簾のセンスも良ろしいし。

店内もせせこましいパターンが多いお好み焼き店やなくて、
カウンター、
テーブルともに比較的ゆったりとしてま。
内の父ちゃんと店食いするには、
これがポイントですねん。

父ちゃんB級グルメファンやのに、
狭い店がきらいで。

「息がつまりよる。」

らしく、
窓なし、
席の後ろ狭い、
袋小路店内の奥、
ぜーんぶダメ。
ある地下にある有名ラーメン食いに行ったとき、
並んで入ったのに一番奥のカウンターに通されたから、
キャンセルして店出たらしい。
極度の閉所恐怖症か?
なんか自慢話にも聞こえるような。
一緒の晩餐徘徊でも
何度か経験しましたな。
これ、
酒がすすむと
必ずこの話がアテに出てきまんねん。

陽気は店内明るくて、
まったく問題なし。
カウンター真ん中に着席いきなり、

「ビールと1人前焼きそば先にやろか。」

これはパターンなんやけど、
僕も望むところや。
んで、
ここの焼きそばの衝撃は、
相当ご年配の女将さんの大テコさばきが素晴らしい一品や。
失礼ですが、
腰折れてはるのにスッゴい勢いで焼きまわしはります。
見事な技。

ここの焼きそばの衝撃は、相当ご年配の女将さんの大テコさばきが素晴らしい一品や。
2代目ガンガン焼きまくり焼そば。 こーゆーのが家ではできまへん。 ソースの水気飛ばすような。

(返し金、ヘラ、コテ、テコ、
お好み焼きひっくり反すやつの名称は、お好み焼き源流論と同じくいろんな呼び方があるようで。
僕はテコなんです。)
が、
今日は女将さん居ないんか?
2代目?が頑張りはりますな。
マスターは相変わらず、
毎回常連客とお話中。
やけど、
陽気に常連との世間話がこの店の味で、
だから店名が陽気なんやろと勝手に推測します。
2代目ガンガン焼きまくり焼そば。

こーゆーのが家ではできまへん。 ソースの水気飛ばすような。

こーゆーのが家ではできまへん。
ソースの水気飛ばすような。
あと、
ソースもあれこれ混ぜへんから、
さっぱりライトカラーやのに
ちゃんと味付いとる。
シンポーっ、

やや太い麺が素敵な焼そば。

やや太い麺が素敵な焼そば。
ビールにピッタリでアテにはちょーど良ろしいな。
美味ぁ~い。

「豚たまにするで。」

父ちゃん定番。
たまに牡蛎たまやけど。
僕も豚たま命。
豚たまは一人一人前づつ注文。
これは、
親譲りマーキングされてます。
てか、
僕らのジェネレーションとして、
豚が最高峰やったからね。
今はいろんな具材が増えましたわ。

そしていよいよ
第3のお好み焼き登場ということに。
ザ サード。
陽気の豚たまは、
そう呼びたい第3のお好み焼き典型的なスタイル。

これです。
全国に定着する関西風お好み焼き焼きとは一線をかくす、
ザ サード、
第3のお好み焼きですわ。
(勝手にカタカナにしたんですか、いかがでしょうか)

どーも、
内の父ちゃんはザ サードを認識してかしないでか?
ちょっと変わってるくらいの認識やないか?
世の中的にもそんなもんやろ。

「ここのは美味いな。
ふっくらしとる。」

とのコメント。
解ってらっしゃる。
解ってんの?
それとも、
僕が意識過剰なんか?
と思うと、
青のりと鰹節トッピがいやな先輩のこと思い出す、
この仕上がり見れば。
んで、
キャベツ細切れやから、
サクッと切り分け可能な焼き上がりもね。

「サクッっと切れんとあかんのですわ。
サクッと。
これでないとあかんのですわ。」

何度も聞いた今は無きレジェンドの

元町 お好み焼きスター

の話。
先輩を陽気にお連れしたい。
長いこと合ってまへんが。

ふっくら焼き上がるには弱火で時間かけるのがパターン。
我慢タイムですわ。
で、

焼き上がりにマヨとカラシトッピをみれば、 テンション上がりまくり。

焼き上がりにマヨとカラシトッピをみれば、
テンション上がりまくり。
父ちゃんは、
テレビ見とるがな。
まあ良ろし。

きゃー、
久々のザ サード。

きゃー、 久々のザ サード。 たまりまへんな。 小テコでサクッ。

たまりまへんな。
小テコでサクッ。
最初にマヨカラシ伸ばして食べるんが普通のようやけど、
カレーライスのルーめも混ぜへん僕は、
円周からいただいてふっくら美味い、
パクパク、
ラストは真ん中マヨ&カラシのランデブー最高!

ラストは真ん中マヨ&カラシのランデブー最高!

の流れを崩すわけにはいきまへん。
横の父ちゃんは、
小テコでやや伸ばしですけど。
ビール2人とも3杯の、
焼そば1
豚たま2完食。

あっ、
女将さん出てきはった。
2代目と店きりもり。
が、
マスターは相変わらず常連さんとの世間話に花が咲いてますな。

「阪神弱いのぉ~。
へっ?昨日行ってきはりましたん。」

2016/09/23 (金)

にほんブログ村 グルメブログへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

北海道地場の味

コメントを残す

このページの先頭へ